ごあいさつ


みなさん、こんにちは。
日頃は親の会の活動におきましてご支援ご協力をいただき誠にありがとうございます。
さて、本会は近く60周年を迎えることになります。
また、平成23年にNPO法人となってから7年目です。

肢体不自由児・者の生活・教育・医療が困難だった時代に会を立ち上げ、
様々な幅を広げて下さった諸先輩方の歴史をもとに
現在も200名近い会員・賛助会員で成りたっております。

諸先輩方の努力と共に、
障害者の福祉・医療・教育等に携わる多くの方々の御理解・ご支援により
豊かになった今に至りますが、
時代の流れと共に新しいニーズも多くあるのが現状です。

わたくしたちは、先輩方の強い精神を見習い、
現在そして次世代がより良い環境の中で生活できる社会に近づけるため、
親同士はもとより、関係者各位の皆さまとの絆を深め活動を続けていきたいと思っております。

今後もご理解ご協力をお願いいたしましてごあいさつとかえさせていただきます。


特定非営利活動法人
浜松地区肢体不自由児親の会

理事長 里 あゆ子


毎年、親の会役員が浜松市役所を訪問し、
四肢に障害のある子どもたちへの支援拡充を求める要望書を提出しております。

image19小.jpg